季節の変わり目のこの時期、

今年は肩凝りが酷くてバキバキになってる。



ーーーーーーーーーーーー


本日もお料理ありません。

と言うよりお料理してません。

工エー=͟͟͞͞(꒪ᗜ꒪ ‧̣̥̇)




呼吸器内科からだったよね。φ(.. )


訪問して下さった読者様、

ありがとうございます。


どうやら元気だけが取り柄の私もポンコツになる様です、ハイ。



ーーーーーーーーーーーー



私は大の病院嫌いなんですが、

このコロナ禍の中で咳はダメだダメだ、ヒジョーにマズイ。



買い物でスーパーに行くと咳が止まらなくなり、

「スーパー、乾燥し過ぎだよー。汗」と周りを見たら皆さんの目、目、目!



流石の私も「こりゃ冗談ではすまないな。」と思ったので、

脳外科が終わったのが11時30分、残りの30分で呼吸器内科までぶっ飛ばし、

一日で病院を済ませてやろうじゃない!と病院に飛び込んだ。




受付では風邪の症状は無いですか?と症状が書かれてる紙を見せられ、

私は咳が止まらない事を伝えた。



すると病院の人たちに慌てて追い出され、発熱外来を受けてからの治療になる事、

発熱外来は予約制だという事を聞いた。


それより何より、まるで私をばい菌に触る様だった。

コロナって、コワイ。



私は愕然としたが、ラッキーな事に30分待ったら発熱外来を受けさせてくれると言われ、

早く私に空気を・・・!と車で待っていた。



発熱外来では先生と看護師がもの凄い装備でビックリし、

世の中は私が思っているより大変な事態だという事を知った。



そこでコロナの検査をされ、見えない自信が確実になり、

もちろんコロナにはかかっていなかった。



咳が止まらず、空気が薄い旨を伝え、

先生にCTを撮りましょうと言われ、

今日は写真三昧だわー。と先生と一緒に笑った。(←いや、笑い事じゃない。)




CTでは「息を止めて下さーい。」と機械が言うのだけど、

「空気が薄くて止められなーい。」と機械に伝え、

とりあえずは何とか終了。(←二回やらされた)






私は「気管支喘息」と言う診断がおりた。



なんと、私のポンコツは気管支喘息だった。

(  ̄- ̄)




大人でも急にかかる事があるらしい、気管支喘息。


子供ではよく聞く病名だけど、

大人がかかったら治らないらしい。



先生曰く、大分前から悪かっただろうという事。


私は去年の秋頃からしんどい旨を伝えたら、

もう2~3年前から悪かったはずだ。と言われた。


重症ではないけれど、軽症でも無いらしい。


どれだけ私は鈍いんだ!と思う位症状は無かった。

いや、気付かなかった。



そりゃ空気が薄いわな。とようやく納得した。





えっと、また長くなったので、

次回はその後の事を書かせてね。



ここでようやくダイエットが成功した話が登場。







ご訪問、ありがとうございます。


読んだよーのしるしに、こちらをぽちぽちっと。



レシピブログに参加中



人気ブログランキングへ 





シピブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングに参加しています。




ぽちぽちっと応援、大変嬉しく存じます。






各種リンクは、こちらです。






健康が取り柄だったのに、、、

飲んでる薬は血圧の薬だけだったのに(;∀;)












↑ 更新情報が、LINEで受け取れます。